エラスティックスレッド・ルーティン(Elastic Thread Routines JP.pdf)

超伸縮インビジブルスレッド使用法詳細解説書<日本語版>!
ベンハリスが1989年に発表したいまだに新しい6手順!
<紹介映像>
● 下記動画は、彼の商品「U.E.T」(現在廃盤)紹介用の動画です。同じ<エラスティックスレッド>の紹介動画になります。ベンハリス本人の実演です。


● 特殊スレッド:極細の見えない伸びる糸<エラスティック・スレッド>の解説書
● プロフェッショナルな手順とアドバイスに満ちています。
(以前に、「U.E.T」白、黒のスレッド商品を購入された方は同じ解説書になります)

● インビジブル・エラスティックスレッドは、大変特別な見えない伸縮糸(ゴム糸)です。
● 始めてエラスティック・スレッド(伸縮糸)を使ったのが、マイケル・ウェーバーで、マッチ箱の手順があります。その後、フィン・ジョンがループ(輪)にしたスレッドで、マジック界に大きく貢献しました。エラスティック・ループにより、実用性と応用性が非常に増しました。
● ベン・ハリスは1986年にこのスレッドに出会い、非常に感銘を受け、その後3年間研究と実演を重ねてきました。その中から、彼のオリジナルで代表的な6つの手順を解説しています。

<解説書内容>
● まず、下記の点を解説した後、6手順を解説しています。
 ・反射防止
 ・終端処理
 ・カムフラージュ法
 ・スレッドの固定
 ・ループの作り方

1) The Slider:スライダー
● 有名なカードマジックで「The Travelers:トラベラーズ」というのがあります。通常、4枚のエースが1カ所に集まってしまうというものです。 
これを、ギャグでまたは、視覚的に見せようということで、実際にカードを動かしてしまいます。

2)The Enchanted Butterfly:魅惑の蝶
● 紙で蝶を作り、そーっと浮いた蝶に息を吹きかけ、生きているように蝶を動かすことができます。
● このトリックは、ベンハリス考案の、スレッドの固定点を自由にシフトするという始めての試みでした。こうすることにより、何か糸で浮いているのではという考えをうち破ることができました。
● この方法のおかげで、物が浮いて、空中にとどまっている(手や、カードは動き、離れていっても)事が可能になりました。その方法とは・・・。

3)The Floating Smoke Ring:紙リングの浮揚
● 全体の現象は、グラスと紙しか使わない、非常にクリーンでいて、不思議なものです。紙で作ったリングがコップの中から浮き上がり、また戻っていきます。

4)The Flying Pip:飛び移るマーク
● エラスティックスレッドは、ものが動く・浮揚するといった現象以外にもいろんな応用ができます。この「飛び移るマーク」はその良い例です。これは、カードのマークが一瞬で変化します。例えば、ダイヤの2がダイヤの3に変わるといったもの。

5)The Floating Card:浮揚するカード
● カードを選んでもらったあと、デックに戻し、シャッフルしてしまいます。ファンに広げて持って、その上に手をかざすと1枚のカードが浮き上がってきます。通常のライジングカードに使われるギミック(カードのブロック)を使わないユニークな方法です。

6)Coins On The Move:飛行するコイン
● ビジュアルなコインアセンブリーの方法(ひとりでに見える形でコインが集まります)

★ 解説書には上記6つの手順が解説されています。
● 日本語版ですのでオリジナルの英語版の図解28枚も取り入れて分かりやすく解説されています。

--------------------------------------------------------------------------------
<商品>
1.日本語解説書(A4、16ページ)x 1

★ この日本語版は、Ben Harrisより日本語版としての権利を購入してフェザータッチMAGICにて発行するものです。(2015/8/5)
★ オリジナル版に入っているたくさんの図解も取り込んで分かり易く日本語版として編集してあります。

★ 決済は、「クレジットカード」のみです(VISA、Master)
★ Windows以外のOS:Mac、Linux等でもご利用になれます。

**<<ご注文が完了すると、ダウンロード先URLを記載した自動送信メールが届きます。初めてダウンロードしてから3日間・3回までダウンロードすることが可能です。>>**

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(1560213 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。